ケース3について。

プロフィール動画の完成度が凄かったですね。ぜひ、講習会を。

人との身体接触を伴うコミュニケーションスタイルをどうしていくか、という話題になりました。

本人目線(想像)で書いてみます。

①触らずにやりとりするよう伝えられる

②困る、今までの方法では伝えにくくなる

③その時に、いろいろな道具の便利さが分かる

のではないかと思います。

続いて、今あるコミュニケーションを考えてみると、

人の注意を自分に向ける方法編

今は触りに行っていますが、触らず呼ぶためには『すみませーん』や『ちょっといいですか』など録音したVOCAが便利です。(言葉は本人と相談しながら調整する必要があります)次回勉強会で作成するコトダマキットを応用して、『身につけられるオリジナル注意喚起VOCA』を作ってみる、というのが一つのアイデアでは?と思います。


細かいことを伝える編

今は手のひらに文字を書いていますが、やっぱりメールなどを用いるのが良いと思います。iPhoneのメールは、やりとりが縦につながって見えるので、よりわかりやすいのではと思います。外でもメールができたらいいですね。

どのケースも、準備が大変だったのではと思います。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rinochina55

Author:rinochina55
私たちは、養護学校に通う子どもの母親です。
この度、ITを活用することで何か子供との過ごし方が変わるのではとこのクラブを立ち上げました。
名前は『Enjoy Oneself』自分自身の人生を楽しもうという意味です。毎日の子育てに追われ、楽しむどころかあっという間に毎日が過ぎてしまう。。。でも、何か子供と一緒に考え挑戦していけることで、自信がついたり卒業後の不安が少し和らいだりできるかも。とにかくやってみよう!!そしたら子どもも自分の人生を楽しみ、母親も自分の人生を楽しく過せるかもと思うのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ